ホテル バイト 体験談

ホテルのバイト体験談10|日曜日は遊べなかったけど・・・

短大時代にホテルの結婚式場で、巫女のアルバイトをしたことがあります。

 

式の進行役も担い、日曜で大安の日などは式が30分毎にあるので
時間に追われるという状況でした。

 

当時は神前式がメインだったので、大方が和装でした。
デキ婚の方は三々九度で
お酒のニオイだけで気分が悪くなられて、大騒ぎになったなんてこともありました。

 

結婚前に、この仕事ができたことは貴重な経験になりました。
しかも、人の幸せそうな姿を見ると自分も幸せな気持ちになれて良かったです。
すごくいい勉強になりました。

 

日曜日に遊べなかったけど、それだけの価値はありました。

 

 

外国人ツアー客からのお礼の言葉

 

都内某所にあるホテルのフロントでバイトをしていました。
夜勤だったのですが、仮眠を取るために空室を使って寝て良いというところが面白かったですね。

 

一人で大部屋に泊まることも結構ありました。

 

また、宿泊されるお客様が外国のツアー客の方がほとんどだったので
かなり英語を実践で鍛えるいい機会でもありました。
笑顔でThankYouは最高に嬉しかったですね。

 

行きや帰りは都内を食べ歩きもでき、
給料も1泊で13000円だったので、凄くいいバイトでした。

 

 

礼儀作法を学びました

 

大学のアルバイト求人を活用して、友達と派遣アルバイトに登録しました。
ホテルの朝食バイキングや立食パーティー、結婚式の配膳の仕事があったので
勇気をふりぼって、その仕事をすることにしました。

 

初めてのアルバイトということもあり、不安だらけでしたが
友達と一緒ということもあり、なんとか乗り切りました。

 

毎回派遣先が違って、毎回初対面とスタッフと働くことや、
派遣先のホテルやイベントによって仕事内容が変わってしまうことに対して、
初めは戸惑いましたが、少しずつ慣れていき
スムーズな対応をすることができるようになりました。

 

派遣のバイトの良いところは、短時間で時給が高いということです。
働く日や時間を自分の都合に合わせることが出来るのも非常にいいですよね。

 

今でもここで教わったお辞儀や礼儀作法は
今だに活きていると思います。